« 帰ってきて、まじめに思ったこと | トップページ | 正月気分も抜けて »

ネバーランド試写会に行ってきた

友人と試写会に行ってきた。
3時に待ち合わせをして、試写会まで時間があるので、秋葉原によってきた。
その頃から雨が降り出してきた。
秋葉原は久しぶりに行ってきたのだが、駅の1階の部分が広くなったなあ。
ドンキホーテがあったり、撤退した電気店もあったりして、だいぶ変わった。
akihabara
ドトールでお茶して電化製品を見た後、じゃんがらラーメンを食べた。
麺はやわらかすぎず、なかなかおいしかった。
5時くらいに食べたのだが、結構混んでいた。
アキバは、ラーメン屋が結構あるんだなあ。

そのあと、霞ヶ関に行って、試写会を見てきた(ここから、ネタバレがあるので見てない人は飛ばしてね)
「ネバーランド」
なかなか良かった(^_^)
しばらくこういう映画は見てなかったので、見れてよかった。
野外の緑と屋内の黄色が対比していて、きれいだった。
結局は不倫なんだろうけど、どろどろしたものではなく、純粋な心の愛が感じられて切ない気持ちになった。
不倫と言うと顔をしかめる人がいると思うが、ピーターパンを作った劇作家バリにとって、この家族との出会いが愛の物語を作るきっかけになったわけだ。
バリは奥さんと別れてしまったけど、バリのほうは一緒にいても劇作家として成功しなかっただろうし、バリにずっと不満だった奥さんのほうも一緒にいて、幸せにはならなかっただろう。

子役も良かった。
最後のシーンで
「お母さんが見える」
の台詞に涙した人が多かったのでは。
ジョニー・デップがこんな紳士な役を演じるとは、ちょっと想像できなかった。
ジョニー・デップと言うと、「悪」ってイメージがあるので・・・(^_^;)(ファンの人ごめんなさい)
ピーターパンが作られた背景の一端がわかって、とても勉強になった。
25人子供を配置したのも、演出だったんだね。
この寒い冬に温かい心になりたい方は、ぜひ見に行って欲しい。

|

« 帰ってきて、まじめに思ったこと | トップページ | 正月気分も抜けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66682/2493644

この記事へのトラックバック一覧です: ネバーランド試写会に行ってきた:

» ネバーランド [Matsuno-FC Blog]
20日に日比谷でジョニー・デップ主演の『ネバーランド』を観に行った。今回、ジョニデが演じるのは、あの「ピーターパン」の生みの親である劇作家のジェームズ・バ... [続きを読む]

受信: 2005.01.22 06:52

» ネバーランド [distan日誌]
一人の劇作家と、父親を亡くした母子との心温まる交流を、「ピーターパン」の誕生とからめて、描いた作品。 今年に入って観た7本の映画の中では、一番良かった気がします... [続きを読む]

受信: 2005.01.22 10:23

« 帰ってきて、まじめに思ったこと | トップページ | 正月気分も抜けて »