« アキバに行ってきた | トップページ | 昨日と今日の食べ物の話 »

USBハブの修理

今日は、USBハブのUSBコネクタの部分の修理にとりかかった。
まずは、100円ショップに行って、ハンダ(105円)ハンダごて(こては高い、315円)を買った。
ハンダごては、友人から20Wのものを買うよう言われていたので、そうした。
kotehanda
帰りに、ヨドバシカメラによって、家で使う蛍光灯も買って帰ってきた。

さて、自宅に帰ると、早速修理にとりかかった。



昨日と同じように、まず、切れかかっていたコード部分を切断し、チューブから新たにワイヤーを出した。
再びワイヤーのみの部分(アース線)があるので、1φ熱収縮チューブで覆うと、○部分のようになる。
hub1

コードが細いので太さを合わせるため、コネクタの付け根部分がちょうどうまくはまるように、6φ熱収縮チューブで太さを調節した(何重か熱収縮チューブをかぶせた)
写真では、○部分。
hub2

あまりうまくないが、4本のワイヤーをコネクタの部分にハンダ付けをする。
昨日と同じように分解する前に、何色のチューブが、どの位置にあるか、あらかじめ把握しておく。
hub3

黒いカバーをはめる。
○部分のワイヤーはアース線なので、コネクタの金属部分(どこでもいいらしい)にハンダ付けをするよう、昨日部品を買ったときに店員さんに教えてもらった。
hub4

裏返しをして金属部分をかぶせて、固定すると下の写真のようになる。
hub5
だんだんUSBらしくなってきた。
しかし、○部分のところが固定した際に、熱収縮チューブと金属で太くなりすぎてしまって、カバーが入らなくなってしまったので、熱収縮チューブを一重だけ取り除いた。

hub6
再度、上下逆(裏返し)にしてカバーをかぶせて、完成!
やはり、熱収縮チューブの太さが足りなくて、付け根部分がブカブカ。
しかも、ちょっと長さが足りなかった(^_^;)
もうちょっと、後ろ側でもよかったなあ。
きれいにはできたと思う。
はたして、PCが認識するか・・・。
おお、認識した~(^O^)
今までどおり、ハブの役割を果たしている(^_^)
hub7
ちょっと、付け根部分がブカブカで足りなかったので、友人にも教えてもらったけど、シリコンガンみたいので埋めるのが良さそうだ。

とりあえず、今のところは問題なく使えているので、またコネクタの部分が壊れたら、その部分だけ買ってきて、ハンダ付けして再利用しようと思う。
USBコネクタ部分が370円(別のお店では280円で売っていた(^_^;))、1m6φの熱収縮チューブが80円だった(熱収縮チューブは全部で3本買ったのだが、1mの0.8φと1φ合わせて225円で、個々の値段は忘れた)
昨日の修理部品代と、全部で合わせて1515円かかった(-_-;)
これを安く見るか、高く見るか・・・。

ふぅ。
何とか終わって、ほっとした(^_^;)
今日は、ラーメン屋にも行って、ほっかほっか亭の弁当も買ったんだけど、その話は明日にするとしよう。

|

« アキバに行ってきた | トップページ | 昨日と今日の食べ物の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66682/2927113

この記事へのトラックバック一覧です: USBハブの修理:

« アキバに行ってきた | トップページ | 昨日と今日の食べ物の話 »