« EZナビウォークを使ってみて | トップページ | 涼しかったね~ »

映画バトン

以前、みやりん1966さんから、映画バトンを受け取ってそのままになっていたので、今回載せたいと思う。

コツコツと書きました・・・。
かなり長くなります・・・。

さて、

①過去1年間で一番笑った映画
最近、笑える映画ってやってないよね~(~_~;)
自分自身は、結構好きなジャンルなんだけど。
あ、昨年末にカンフーハッスル見たなぁ。
それも笑ったのだけど。
みんな~やってるか!
みんな~やってるか!

博士役で北野武が登場するシーンは見もの!

②過去1年間で一番泣いた映画
これは、ずいぶんと悩むなぁ。
今年見た映画で、泣ける映画といえば、
ネバーランド
海を飛ぶ夢
ミリオンダラー・ベイビー
この3つになると思うのだが、純粋に泣ける映画というのなら、やっぱり、ミリオンダラー・ベイビーかなぁ。
アコギの音楽もよかったし(サントラ欲しい)、ハッピーエンドではないところが泣けるかなぁ。
この作品が、アカデミー賞を複数受賞したのは、わかりますな。
クリント・イーストウッドの映画は、劇場で見ないと迫力や感動がなかなか伝わってこないね。
テレビで見ても、あまりピンとこない。
ぜひ劇場で見て欲しい映画であります。

③心の中の5つの映画
たくさんあるのだが、今までに私のブログで紹介していない作品を載せたいと思う。

私が学生のときに見た、この映画。
キリング・フィールド
キリング・フィールド

この映画を見たときは、ほんとショックだったし、戦争の恐ろしさや独裁者による圧制がよくわかる映画だ。
トカゲを食べて生き抜く姿、命乞いをするシーン・・・。
エンドクレジットのときに流れる、ビートルズの曲もよかったなぁ。
映画の舞台となったカンボジアは、現在内戦が終結して本当によかったと思う。

はじめて本格的に映画を見たといえばこれ。
銀河鉄道999 (劇場版)
銀河鉄道999 (劇場版)

アマゾンのレビューにもいるようだが、私も父に連れていってもらって見た映画なので、そのこともあるのか、とても印象に残っている。
まるで実写を見ているような感覚で、まだ幼かったのだが、この映画から、愛とか勇気などの感情を学んだような気がする。
今じゃ考えられないけど、当時の映画館は、立ち見でも見れたんだよねぇ(今でも見れるとこあるようだけど)
この映画を思い出すたびに、幼少期の出来事もセットで思い出す・・・。
テレビでやらないかなぁ。

女の子と見に行った映画といえばこれ。
ロード・トゥ・パーディション 特別編
ロード・トゥ・パーディション 特別編

彼女は、途中で少し寝てしまったようだったが(-_-;)、私にとっては思い出のある映画だ・・・。
映画の内容もよかったのだが、映画館もすごいよかった。
品川プリンスホテル内にある、品川プリンスシネマのプレミアム館で見たのだ。

2500円もするのだ!

隣接するIMAXシアターにも行って、3D映画を見た。
国際宇宙ステーションの映画と、T-REXだ。
スペースシャトルが飛ぶシーンが、すごい迫力だったのを覚えている。
カップルや子供でも十分楽しめるので、ぜひ見て欲しいと思う。
3D映画なんて、最近全然見てないから、見に行きたいな・・・。
そんな違った部分で、思い出のある映画なのです・・・(T_T)

ちょっと取り乱して脱線したけど・・・気を取り直して・・・(苦笑)

これはテレビで何回もやっている映画だけど。
レナードの朝
レナードの朝

すばらしい映画だ!
結末が悲しいが、救われる部分もある。
ロバート・デ・ニーロの演技がすばらしい。
障害を持ち、さらに子供の感情をもつ大人を演じるというのは、とても難しいと思うが、その演技に圧倒される。
実話を基にしており、このような話が現実にあることにも驚かされた。
ただ、この話を書いて調べてみてわかったことだが、誤解していたことが判明。
というのも、入院している患者たちや主人公の病名が、一種の「パーキンソン病」だと思っていたが、「嗜眠性脳炎(しみんせいのうえん)の後遺症によるパーキンソン症状」なのだそうだ(専門家ではないので、間違っていたら指摘してください)

そして、最後にこの作品。
ある方のブログを読んでいて、思い出した。
十二人の怒れる男
十二人の怒れる男

これもテレビで見たのだが、とても面白かった。
法廷映画の原点とも言うべき作品。
一般人が被告人を裁く難しさ。
狭い部屋に閉じ込められ、暑さで汗を流して議論し、感情をあらわにする陪審員。
日本も数年後には、裁判員制度が始まる。
日本人もこの映画を見て、勉強して欲しい。

④見たい映画
予告編でもやっていたけど、「チャーリーとチョコレート工場」が面白そう。
今までとはちょっと違うジャンルというか、コメディー・ファンタジー系になるのかな?
ネバーランドでは、とても紳士な役柄だったが。
最近のジョニー・デップは、すごいな。

とりあえず、こんなところかな。

次にバトンを渡す方ですが・・・。
わたくし、ブログのお友達が少ないので・・・。
われこそはと思う方、声をかけてください。
まぼさんzouさんは、ミュージカルバトンで、この間お願いしたばかりですし・・・。
まーちんさんバルサさんも、ミュージカルバトンでネタに四苦八苦していた(いる)ようなので・・・。

今、ノリに乗っている、旬のbatasyさん、どうでしょう?(笑)
batasyさんも、結構映画見ていますよね(^_^)

|

« EZナビウォークを使ってみて | トップページ | 涼しかったね~ »

コメント

みやりん1966さん、コメントありがとうございます。
色々思い出しながら、再確認する意味でも今回のテーマは、とてもよかったですね(^o^)
最近コメディーの映画を見てないので、見てみたいです。
リクエスト企画、みやりん1966の感想を期待しています(^_^)
(ばかばかしい映画ではありますが・・・)

投稿: としきくん | 2005.08.28 23:44

いやいや、詳細な記事ありがとうございます。
バトンの渡しがいがあったというものです(^_^)。
意外と観てない映画があったので参考にさせていただきます。
私も本当は「十二人…」のような渋い映画が好きです。なぜか記事にするとアクション物が多くなるような気がしますが。
リクエスト企画、水面下で進行中です…

投稿: みやりん1966 | 2005.08.28 21:58

batasyさん、コメントありがとうございます。
いえいえ(^_^)
これから、いいことたくさん起きますよ!
楽しみにしています(^o^)

投稿: としきくん | 2005.08.28 14:50

ノってるというよりはスベりまくってる、と言ったほうが正しい気がしますが(涙)
今晩チャレンジしてみますです。

投稿: batasy | 2005.08.28 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66682/5492494

この記事へのトラックバック一覧です: 映画バトン:

» 映画バトン [生log]
「旬」と書いて「在庫一層セール中」と読めばいいんでしょうか、ねぇとしきさん(汗) [続きを読む]

受信: 2005.08.28 22:17

« EZナビウォークを使ってみて | トップページ | 涼しかったね~ »