« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

M:i:Ⅲ見てきた!

7月に入って、少しのんびりできる時間ができるようになったが、これからまた忙しくなりそう・・・(-_-;)
最近ブログも重くて気軽に更新とはいかなくなってきたね。
メンテは行ったようだけど、少しは改善されたかな?

さて、今日はかねてからぜひ見たかった、M:i:Ⅲを見てきた!
トム・クルーズは、いつ見てもかっこいいねぇ( -_-)
この映画、友人の話によるとあまりおもしろくない、ということだったが、感想はというと・・・(ネタバレ注意)←おお、この文句、久しぶり!(笑)

自分は、結構楽しめた(^_^)
ちなみに話のあらすじは、こちらで(・_・;)
最後が、できすぎだけど・・・。
全体としては、特撮とかは使っているんだろうけど、デジタルデジタルした感じを受けず、アクションもそれなりに見ごたえがあると思う。
また、あのワイヤーアクションが、ちょっと見られる(笑)
パート1の映画が一番面白かったかな。
初めということで、インパクトあったし、アクションやスケールの大きさもパート1のほうが上回っていたような気がする。
今回、中国が舞台になっている場面があるけど、それだけ中国は注目を浴びているっていうことなんだろうね。
日本がだんだん注目を浴びなくなってきているというのは、映画を見ていてもよくわかるなぁ・・・。
最近の国際情勢もなんだが日本は孤立しているようだし・・・。

話は戻すけど、やっぱり、イーサンは結婚しちゃだめだよ(^_^;)
あんな看護婦さんなら、やはり諜報部員もメロメロになってしまうのかな(~_~;)
女性エージェント、ゼーン役のマギー・Qも綺麗だったよ~(*^_^*)
そうそう、鼻から脳へカプセル爆弾を埋め込むっていうのは、技術的に可能なのだろうか?
だとしたら、将来こういうのが、世の中に出回るようになるだろうな・・・。

自分の恋人、夫(妻)の仕事をどれだけ理解している人がいるだろうか?
わけありで言えないという恋人、夫婦が一般の人たちにもいるのかなぁと思った。
でも、隠し通せるのか。
やっぱりわかるんじゃないかなぁ。
わからないっていうのは、それだけ関心が無いことだし、関係が希薄なんだと思う。
映画では、妻(恋人)ジュリアは、「いつか話してくれる?」と聞いていた。
でも、イーサンは言わない。
それでもジュリアは、イーサンを信じると言っていたシーンは、ほろっときたね。

これで3作全部映画館で見た(^o^)/
今回で一応完結らしいけど、もったいないな・・・。
映画の予告編で、ゲド戦記とマイアミ・バイスがやっていたけど、どちらも面白そうだった。
今年に入って、見たいなぁって言う映画が無かったので、これらの映画は見に行きたいね(*^m^*)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »