« 雑誌 | トップページ | そのうち »

冬明けの空

今日は、天気が良かったので、再びちょっと歩いて公園に行ってきた。
天気が良いからさぞかし暖かいんだろうと思っていたら、結構外は冷たい{{{{(+ω+)}}}}
公園を歩いていたのだが、腰を下ろして本を読もうと思っていたが、さすがに寒い・・・。
空を見上げると、葉が無い木に透き通った空が妙に似合う。
Fuyu_owari_sora
寒さも加わって。
冬はまだ終わっちゃいないんだぞ!
とでも言いたげな、きれいな中にも厳しさのある風景。
でも、冬もそろそろ明ける。
春は近づいているんだ。

そう、卒業シーズンか・・・( -_-)
昨日今日が国立大学合格発表のピークだったようだ。
今まで、入学・卒業というイベントの思い出が、あまりピンとこない自分。
今度も、思い出にあまり残らない入学・卒業になるのかな・・・
こんなことを頻繁に思うのも、不安が覆い始めている証拠なんだな・・・。
もう、入学まで一ヶ月無い。
かなりのリスクを背負っている。
後戻りはできない。


  せっかく入ったんだ。
  何かを見つけたい。
  ただそれだけ・・・。


外で本を読むのはちょっと厳しいので、その途中の図書館に寄って本を読んだ。
そのあと、今まで通ったことの無い道を歩いて帰る。

「この道は、ここに通じているのか~( ゚o゚)」

思わぬ発見だった。
引越しをしてきて3週間が経つ。
少しずつではあるけれど、自分の生活にも道が通じ始めている。

|

« 雑誌 | トップページ | そのうち »

コメント

確かにbatasyさんのおっしゃるとおりです(^_^)
まずは一歩を踏まなければ、何も始まりませんからね。
だけど、そのはじめの一歩が、怖いんですよ・・・(^_^;)

>あー、我ながら偉そうな事言ってるっぽい(汗)

いえいえ、batasyさんがおっしゃることは、いつもなるほどと思うところがあります。
さすが、読書家だなぁという気がしますよ(*^_^*)
見習わなきゃ(~_~;)

投稿: としきくん | 2007.03.10 13:03

「踏み出せば その一足が道となり その一足が道となる 」と言ったのは一休禅師でしたか。
確かに周りを見渡して不安に思うことってあるんですよね。
でも結局「道」って自分の通った後にできるものなんですよね。
しかもその「道」は引き返せないし。
笑っても一歩、泣いても一歩。
まずは前を向いて一歩一歩を踏み出しましょう。

あー、我ながら偉そうな事言ってるっぽい(汗)

投稿: batasy | 2007.03.10 11:49

最近、かなりのリスクを感じています。
同世代の友人は、職場ではバリバリの中堅役職で、結婚して子供もいる家庭を持っています。
そういうのを見ると、
「何やっているんだろ、自分は・・・」
と感じてしまうんです。

それに昨日は、変に感傷的になりました。
それだけ不安に襲われているのだと思います。
正直入学する前の4月までに、その不安に押しつぶされてしまうのではないかと・・・(-_-;)

いけませんね、こんなことじゃ(^_^;)

投稿: としきくん | 2007.03.09 11:51

せっかく入ったから何かを見つけたい・・

うん、そう思う。でも、あんまり気負い過ぎないようにね。
ちゃんとやっていれば、何かを見つけたいという気持ちより、もっと自然な気持ちで進むべき道が出来ていくと思います。
私も・・やりたかった事かどうかは別として、一度がんばったらあとは次々とドアが開くみたいな感じでずっと進んでます。これもあのがんばりがあったから・・と、二度と体験したくない苦しい勉強時代を振り返ることあります。

投稿: hirorin | 2007.03.09 11:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66682/14197486

この記事へのトラックバック一覧です: 冬明けの空:

« 雑誌 | トップページ | そのうち »